::: トップページ> ランタンフェスティバル紹介

ランタンフェスティバル紹介

ランタンフェスティバル簡介

台湾ランタンフェスティバルの起源

 

旧暦1月15日は元宵節。旧正月のクライマックスであり、

中国語では「小過年」とも呼ばれます。この日はどの家

でも賑やかにお祝いが行なわれるため、昔は「鬧元宵」

とも言われていました。人々は爆竹や花火を上げたり

、手にランタンやたいまつを持ったりして楽しむ風習が

ありました。お祭り騒ぎの中にも「国家安泰で、みんな

が幸せでありますように」という願いが込められていま

した。また、縁起の良い湯圓(お団子)を食べて新年を

迎えました。

 

以前は毎年元宵節になると、台北北投關渡宮、松山慈祐

宮、 萬華青山宮、龍山寺など、主要な寺廟でランタンが

展示され ていました。このため、人々は元宵節のランタンを観るため、

各地のお寺を行ったり来たりしなければなりませんでした。1989年9月、

当時の 交通部部長張建邦氏が「毎年、元宵節は各地の寺廟でそれぞれランタンが

展示されているが、これを一カ所に集めて、みんなが観賞しやすいようにしてみてはどうだ ろうか」と提案。交通部観光局毛治国局長に指示し、ランタンフェスティバルの開催準備がはじまりました。こうして人々はお寺からお寺へ奔走する必要がなくなったのでした。

 

忙しい現代社会において、元宵節は忘れ去られそうになっていました。しかし、観光局がランタンフェスティバルを催すことで、1月15日は観光イベント日として、人々は再び元宵節を祝うようになりました。当時の台湾は大規模な観光イベントが少なかったので、この国際的な特色あるイベントは注目を集めました。ドイツのミュンヘンの黒ビール祭りや北海道の雪祭り、ブラジルのリオのカーニバルなどのように、世界中に広く知れわたり、外国人観光客も訪れるようになってほしいという期待が込められていました。観光局では毎年、国際的なランタンフェスティバルを催しており、台湾の人々にとっては旧正月期間中に家族や友人たちと一緒に楽しめ、思い出を作れるイベントとなっています。

 

交通部観光局では1990年からランタンフェスティバルを開催しており、今年で23年目を迎えます。毎年ランタンフェスティバルのメインランタンはその年の干支をモチーフにデザインされています。そのほか、サブランタンや祈福ランタンエリア、歓楽ランタンエリアなど、多元的なランタン芸術を楽しめます。また、開幕当日には国内外から有名なパフォーマンス・チームが参加し、公演を行ないます。2012年のランタンフェスティバルは彰化県鹿港で開催予定です。素晴らしい内容になることが期待されますので、ぜひ皆様もお見逃しのないように!

2012年2月6日~2月19日場所:彰化県鹿港鎮

ランタン配置図ランタン配置図

冊子のダウンロード

冊子 Download Download
冊子 Download Download